大阪府のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(その他)

今日も全力で振り切るぜぇ!

2018.03.29

新型スペーシアのヘッドアップディスプレイが凄すぎる

 

 

みなさん、こんにちは

 

 

 花粉の季節真っ最中ですが、

 

みなさんお元気ですか?

 

当店の従業員も酷く鼻をジュクジュクしてる者が居て、

 

見ていて気の毒です

 

営業 村野です

 

 

 

 

 

 新型スペーシア  には

 

フロントガラス投影式の

 

ヘッドアップディスプレイ

 

メーカーオプション

 

全方位モニター用カメラパッケージ

 

とセットで装着されます。

 

車速やシフトポジション( や D 等)等の基本情報に加え、

自動ブレーキ等の警告情報をフロントガラスに映し出します。

運転に集中出来るよう、直感的に理解しやすい

を採用しています。

 

ドライバーの運転目線により近いため、前方の状況を把握しながら車両情報を確認する事が出来ます。

より少ない視線移動で、運転に必要な様々な情報を瞬時に確認出来るため、

安全運転をサポートするとともに運転時の疲労軽減につながります。

 

 

low_NWSPA_4E_00490

 

 

ご覧のように多彩なカラーと内容で、

他にタコメーター(エンジン回転計)

半ドア警告瞬間燃費エネルギーフロー

エアコンの設定温度や風量設定等を表示出来ます。

 

 

 

 

 

さて、

 

その全方位モニターの映像を映し出す為に、

 

当然TVモニターが必要なのですが、

 

その際には

 

スズキ純正 Panasonic 対応ナビ

 

のみ取付が可能です。

(スズキ純正には、他にカロッツェリアやケンウッド等御座いますが 対応しておりません)

 

 

↓↓↓↓ で、こちらがその商品 ↓↓↓↓

 

002-1

 

 

少々前置きが長くなりましたが、

 

ヘッドアップディスプレイ対応の

 

Panasonicナビゲーションを装着すると、

 

上記写真のような

 

「130m先の交差点を左折」

 

と言った表示の際に、

 

トップ写真の様に

(写真は停車中に撮影していますよ

 

ヘッドアップディスプレイに連動して表示させる事が出来るんです。

 

 

これって凄くない??

 

 

ナビの取付位置は、

一昔前に比べればダッシュボードの上に移動されており、

視線を落とす移動量も随分少なくなりましたが、

それでも知らない土地に出向くと、ナビ画面を凝視しがち。

ナビを凝視して前方不注意で事故なんて本末転倒。

 

これなら運転に集中出来るし、ゆとりも生まれますよね。

 

 

 

 

 

さて、ナビの話が出たついでに

 

 純正 Panasonic  

 

ナビゲーションの説明も致しましょう。

 

014-1

 

 

全方位モニター用カメラの映像。

フロント・リヤ・サイド2か所の計4か所に設置したカメラの映像を合成・処理し、

自車の周辺を空から見ているような映像に映し出すうえに、

車周囲を立体的に確認出来る「3Dビュー」も見れます。

 

 

 

007-1

 

地上デジタル放送もご覧になれます。

 

 

 

006-1

 

AM・FMラジオ放送は勿論、

 

ワイドFMもお聞きいただく事が出来ます。

 

(ワイドFMに関しては、別のブログに記載してるので、こちらを参照)

 

 

 

016-1

 

 

画面をスライドさせれば、

 

音楽CD・DVDの挿入口が有り再生は勿論、

 

音楽CDは別途SDカードを購入・挿入していれば、

 

最大8倍速でのSDカードへの録音も可能です。

 

 

 

011-1

 

 

ナビ裏面のUSB端子に、

 

別途ケーブルを繋げて助手席側グローブBOX内に

 

引き出す事も可能です。

 

 

是非ご検討下さい。

 

 

posted by 泉州南営業所  | 2018年3月29日
店舗情報へもどる